高精度衛星測位、事業革新、日本・アジア 太平洋での利用拡大 (154事例)

投稿者: | 2022-04-01

三本松 進
[ ID: sapt-2204-0001 ]

⑴ 事業革新・産業発展分科会は、2021年4月1日公表の20年度の分科会報告の体系を
ベースに、この1年の制度改革、先端的な事例をフォローする方向で、研究継続。
⑵ 2021年度中も、以下の3回の懇話会で、成果普及を実施。
第20回測位技術懇話会 
20年度分科会長報告概要
  第21回測位技術懇話会  
日本の都市空間管理のイノベーション      
  第22回測位技術懇話会  
高精度衛星測位と無人航空機のイノベーション
⑶ 2022年4月1日付け、21年度報告SAPTのHPに投稿、公表した。
⑷ 本報告では、主に、以下の3点を明示したい。
① 日本、アジア太平洋地域での高精度衛星
測位データ利用社会への構図、行動原理と展望
② 分野別の主要実証開発状況と展望  
③ 提言 中長期的な利用拡大での戦略分野の方向

“高精度衛星測位、事業革新、日本・アジア 太平洋での利用拡大 (154事例)” をダウンロード sapt-2204-0001.pdf – 44 回のダウンロード – 4 MB